Data入稿タイトル
メニュートップページ メニュー取引の流れ メニュー取扱品目 メニューチラシ メニュー本 メニュー会社概要 メニューお問い合わせ
Data入稿の注意点
メディアタイトル
メールにてご入稿の場合、20MBまでの対応となります。
メールにて送信が困難なデータは記録メディアにて入稿していただきます。 媒体はCD-RまたはMOにてお願いいたします。フォーマットはMachintosh形式(HFS・HFS+)のみの対応になります。
ソフトウェアタイトル
弊社における対応ソフトは、全てMachintosh版でAdobeIllustretor8.0J〜10.0J の「eps形式」
およびAdobePhotoshop5.5J〜7.0J の「eps形式」または「TIFF形式」およびQuarkXpress3.3J、4.1J のみです。
フォントタイトル
ダイナフォントCID100書体
モリサワNEWCIDフォント リュウミンL-KL、中ゴシックBBB、じゅん101、太明朝体、
太ゴシック体、見出し明朝体、見出しゴシック体、リュウミンU-KL、新ゴL・M・B・U
外字フォント エヌフォー外字基本5書体(MacOS9.0以降ではトラブルの原因となります)。
ビットマップタイトル
弊社では175線にて製版いたします。 解像度に付きましては印刷線数の1.5倍〜2倍が望ましいとされていますので300dpi〜350dpiにて製作してください。
カラーモードは「グレースケール」もしくは「CMYK」モードにて保存してください。
ファイル形式はEPS形式を利用し、プレビュー画像はMachintosh用の8bitカラーにしてください。 エンコードは「バイナリ」でお願いいたします。
QuarkXpressにて着色するために例外としてグレースケールTIFF形式のファイルにも対応いたしますが 角丸や円形のトリミングをいたしますと輪郭にジャギーが出ることがありますので 四角形以外のトリミングをされる場合はCMYKモードのEPS形式ファイルをご利用ください。
イラストレータタイトル
フォントは必ずアウトライン化してください。
必ず仕上がりトンボを付けてください。 この際、オブジェクトメニューの「トンボ」ではなく、フィルタメニューの「クリエイト」→「トリムマーク」にて作成してください。
仕上がりサイズ一杯まで印刷されたい場合は仕上がりサイズより3mmずつの塗り足しが必要です。
カラーモードはCMYKでお願いいたします。 張り付け・配置画像についてもCMYKでお願いいたします。 RGBで作成されたデータはお引き受けできません。 当社にて変換をしてもお客様が意図された色になるとは限りませんのでご理解お願いいたします。
スポットカラーはご利用できません。 分版のトラブル原因になります。 2色刷りなど特色を指定されるシアンおよびマゼンタにて編集をし、注文フォームの備考欄に「希望色」として記載してください。
[記入例] 希望色 シアンを「DIC140」に、マゼンタを「金赤」で
最終データを保存する前にファイルメニューの書類設定の中で「プリント・データ書き出し」にて出力解像度を800dpi以上に 設定されていることを確認し、3色以上の複雑なグラデーションやグラデーションメッシュ機能を利用されている場合は 「コンパチブルグラデーション&グラデーションメッシュプリント」のチェックボックスにチェックマークを付けてください。
張り付け・配置画像は必ず「グレースケール」もしくは「CMYK」モードで保存されたものをご利用ください。 尚、ビットマップ画像を拡大縮小したり縦横を変倍されますと万一弊社にて修正をする場合同じ位置に 張り付け直すことが困難になりますのでPhotoshop等で変倍した後、等倍にてIllustratorに張り付けをしてください。
フォトショップタイトル
上記の「ビットマップ画像について」をよくご理解の上編集してください。
クリッピングパスの利用は平滑度を1デバイスピクセルに指定してください。 大きな数字を指定しますと曲線の滑らかさが損なわれる場合があります。
ダブルトーンモードで編集された場合は最終的にはCMYKモードで保存してください。
レイヤーは統合し、アルファチャネルは削除して保存してください。
弊社ではお客様から頂いたPhotoshop画像は製版の段階でQuarkXpressに張り付け、トンボを付けた上で出力いたしますので、 裁ち落としの場合は仕上げサイズよりも3mmずつ大きく保存してください。
紙の仕上げに対して微妙な位置で印刷したい場合は、IllustratorかQuarkXpressで配置したデータを入稿してください。
クォークタイトル
QuarkXpressのバージョンは3.3Jと4.1Jのみの対応となっておりますので他言語バージョンや3.1Jや4.0Jは非対応となっております。 非対応バージョンをご使用のお客様はバージョンアップをお願いいたします。
ご利用できるフォントは上記の「対応フォント」をご覧になってください。 尚、欧文フォントにつきましてはTruetypeフォントは使用せず、Type1(ATM)フォントをご使用になり 入稿データと共にフォントデータも添付してください。
「対応フォント」以外の外字フォントはアウトライン画像張り付けにて編集をお願いいたします。
ルビは出力トラブルの原因になりますのでご使用を控えていただき、必要なときはお手数ですがテキストボックスを 別に作成して「小さな通常のフォント」で編集してください。この問題は現在原因が特定できておりません。 ルビがうまく出力されることがほとんどですが100%安定しているものではないので解決ができしだいこの注意書きを修正させていただきます。
3.3Jのデータを4.1Jで編集し直したデータや4.1Jで3.3J形式で保存されたデータを3.3Jで編集し直した場合も 文字の属性が失われるトラブルの原因になりますので2つのバージョンで交互に編集されたデータの入稿はご遠慮ください。
本社所在地: 奈良県大和高田市春日町1丁目9−10   TEL: (0745)52−0557  FAX: (0745)23−2330 
お問い合わせ ご利用にあたって